重要性を増す、メンタルヘルスの知識

社員の健康を守るのは管理職の責務

企業の存続・発展に一番重要なのは社員です。会社を背負って立つ社員がいてこそ会社は発展します。ともすれば、会社の利益優先で疎かになりがちなのですが、なによりも社員の健康が重要ですね。この事を幹部社員は十分に理解していなければなりません。どこの会社でも社員の定期健康診断は実施されているでしょうが、それだけでは不足で、管理者は健康上の問題のある社員には、医者の検診を受けるように促す必要もあります。 会社として社員の健康を把握していることも重要ですね。健康管理システムを使用して全員の健康診断記録を管理する必要もあるでしょう。ところが、データとして十分に把握しきれないのが、精神の健康状態です。これは身近にいる管理者や同僚が把握する必要があります。

メンタルヘルスの知識習得

管理者は社員にメンタルの問題がないか把握する必要がありますが、これは知識がないと把握することができません。メンタルの問題は非常に複雑で、ともするとただサボっているだけに見えてしまうこともあります。過重労働や複雑な人間関係などで、メンタルに不調を訴える人が急増している世の中です。管理者がメンタルヘルスを行う重要性は今後も増していくことでしょう。そのために、管理者へのメンタルヘルスの教育も必要となっています。

職場で大切なのはラインケアです。いつも明るく振舞っていた人が、急に口をきかなくなったとか、言動に矛盾がでてきたなど、不調のサインを出している場合があります。それをいち早く見抜いて声がけをするのが管理職の責務ですし、素早く対応できるようにメンタルヘルスの知識は学ばなければなりませんね。

販売の研修でよく行われているのは、言葉遣いや礼儀作法などのマナー研修や笑顔の練習です。ギフトが多い店舗では、ラッピングの仕方を学ぶこともあります。