コミュニケーション能力を向上させる

グループでの作業を積極的に取り入れよう

研修を通じて中堅社員のコミュニケーション能力を高めたい場合には、一方的な講義だけでなく、ディスカッションやケーススタディなどグループでの作業を積極的に導入することが肝心です。また、中堅社員の研修を担当する講師の選定を行う際には、自社内の人事や総務の担当者だけでなく、外部の経営者や文化人などの起用も検討するのも良いでしょう。最近では、職種にかかわらずコミュニケーション能力の高い中堅社員が重宝される傾向がありますが、人によって能力にバラつきがあるため、集合研修と個別研修を上手く組み合わせることが肝心です。なお、研修中に初めて顔を合わせる社員同士が親睦を深めるうえで、研修期間の合間にイベントを企画することも大切です。

実務で役立つ研修を実施しよう

国内の企業の中には、コミュニケーション能力の不足に悩む中堅社員が少なくありませんが、個々の社員が仕事へのモチベーションを高めるには、可能な限り実務で役立つ研修を実施することが肝心です。例えば、プレゼンテーションや営業トークなどの研修は、業務に直結しやすく、楽しみながらスキルアップができるというメリットがあります。また、こうした研修を通じて様々な職種の社員の考えを聞くことで、一人の社会人として成長をすることもできます。なお、継続してコミュニケーション能力を高めるにあたっては、研修中だけでなく日々の業務の合間や終業後などの時間を使って、話し方や対人関係、ビジネスマナーなどについて学びを深めることも重要となります。

接客の研修は働く前の大切な講習です。店独自のマナーサービスもあるので、店の顔となるためにも接客スキルを身に付けることは必須となります。