中堅社員に必要な研修

入社して3~5年程度経験を積んだ中堅社員には、自分の経験を活かしつつ後輩を育成する役割が求められます。企業は中堅社員の中からリーダーシップをとれる人材を発掘し、次世代の管理職を育てなければなりません。そのためにはどんな研修が必要かを説明します。

自分のことだけでなく、周囲に目を向けさせる

中堅社員に必要な教育としては、後輩の育成を仕事として認識してもらうことです。周りに目を向けられないと、後輩の育成には消極的なことが多いです。ほとんどしない人も少なくないでしょう。そのため研修で後輩…

チームで成果を上げることの大切さを学ばせる

中堅社員になると、ほとんど自分だけで仕事が完結できるようになります。そのため仕事をチームで行うことはせずに、自分の独断で仕事をしてしまうのです。特にできる中堅社員にこの傾向は強いです。しかし、会社…

コミュニケーション能力を向上させる

研修を通じて中堅社員のコミュニケーション能力を高めたい場合には、一方的な講義だけでなく、ディスカッションやケーススタディなどグループでの作業を積極的に導入することが肝心です。また、中堅社員の研修を…

人事の人は人材育成のセミナーを利用しましょう。

人事担当者にとって社員教育は重要な仕事です。人材育成のセミナーを利用して、会社に必要な人材育成をしましょう。

管理職に必要な研修

リスク管理の観点から、ハラスメントの研修は必須

決算書などの数字を読み解く力を身に付けさせる

重要性を増す、メンタルヘルスの知識